陰湿な職場でのいじめ

 職場にいると嫌な思いをしたことは、誰もが1度は経験したことがあるでしょう。しかし、中でも陰湿な職場でのいじめに耐えている人が現在でも多くいます。その大半は自分から助けを求めることができず、毎日苦しんでいる状況です。

 実際にあったいじめの中で、自分にだけ業務連絡が回ってこなかったということや、自分がやったことなのに他の人に成果をとられてしまったり、職場で行われる飲み会の席では1人だけ席が離れていたりと、目に見える嫌がらせを受けることも多いようです。時には、ただの嫌がらせで終わるのではなく、業務に関わる嫌がらせをされた場合に、上司からの評価が変わってしまう他、成績なども落ち込んでしまう場合があり大問題です。自分の仕事を滞らせないためにも、今現在嫌な思いをしている人は状況打開しなければなりません。

 自分がこれまでされてきたことを加害者本人に反論するのではなく、これまで何をされてきたのかをまとめておくのも良いでしょう。頼りになる上司がいるのであれば、上司に直接これまでされてきたことを報告するのも1つの手です。しかし、報告したところで状況が変わらない場合もあります。その場合はお金がかかってしまうかもしれませんが、これまでされてきたことを実際に法廷で訴えると言うことも視野に入れましょう。モラルハラスメントと言って、社会問題になっていることなので、被害者の人は我慢することなくSOSを出して状況打開することが重要です。陰湿な嫌がらせに臆することなく、自分のやりたいことを真っ直ぐに行うことが大切です。

会社でのいじめにどう対処するか

 会社の中でいじめが起こっている場合には、解決する事が困難なケースがあります。例えば、いじめが集団で起こっている場合には、無理に解決をしようとすると、仕事に悪影響を及ぼしてしまう可能性も否定できません。そのため、イジメ問題を解決するためには、信頼できる同僚などに相談する事も有効な手段となる場合があります。

 例えば、仕事に悪影響が出ているような場合には、いじめを行っている人が原因で業務を行えないという点を会社に明確に伝えることが効果的です。会社がいじめの実態を把握すると、社員に対して聞き取り調査が行われるでしょう。その際、誰がいじめを中心となって行っているのかが明らかになると、より効果的に問題を解決できます。中にはいじめを受けることによって精神的にダメージを受けてしまい、会社に行くのが難しくなっているというケースも多い傾向にあります。そのような問題を防ぐためにも、どのようないじめを受けたのか、常に記録しておくという方法が重要となります。きちんとしたいじめの証拠を集められれば、会社に自分を守ってもらうという可能性も生まれるでしょう。

 また、社員同士が会話をすることが少ない職場であれば、いじめは起きやすい傾向にあります。自分が不満に思っていることなどをきちんと相手に伝えられない環境にあると、お互いにストレスが溜まってしまうケースが多いからです。そんな時はまず、いじめを行っている人に自分の意思を伝える努力をすることも大切でしょう。