モラルハラスメントはいじめの1つ

 モラルハラスメントを受けている大半の人は、今日も我慢をしながらいじめに耐えています。実際にモラルハラスメントを行う人は、自分よりも権力が弱い人に対して行う傾向が強いので、周りに助けを求めることができないようです。また、周りも助けてあげることができず、いじめられている本人は退職に追い込まれるという事態に発展してしまうことさえあります。

 まず、モラルハラスメントで代表されることは、仕事上で無視をされることです。こちらが仕事上で聞きたいことがあっても無視をされてしまっては、業務が滞ってしまいます。また、理由がわからずに無視をされてしまった場合は、被害者はどうすれば良いかわからないものです。さらに、自分にだけ明らかに態度が違うという場合も、モラルハラスメントになる可能性が高いと言われています。周りの人に対してはとても優しく接しているのにも関わらず、自分に対してだけ冷たく厳しく当たったりと、ひどい対応を取るような人は、被害者からすれば精神的に追い詰められてしまいます。自分の行為が相手を追い詰めていることに全く気づかない加害者の場合は、自分が悪いことをしている意識すらないこともあり、問題です。

 自分は何も悪いことはしていないのに、あまりにも職場でのいじめに耐えられないというのであれば、退職を選択するのはもったいない話です。これまで自分が何をされてきたのかを事細かに記録をして、モラルハラスメントの相談を受けてくれる所に相談してみると良いでしょう。誰かに話しを聞いてもらうだけでも、心が軽くなり楽になります。

まずは相談することが肝心の「職場のいじめ」。

学校にいじめがあるように、職場においても上司や同僚などによるいじめがあります。いろいろなハラスメント(嫌がらせ)が問題になっていて、モラルハラスメントやパワーハラスメントなどは、社会問題にさえなっています。

職場における嫌がらせの場合は、仕事における注意だったり、指導という形で行われてることが多いでしょう。わざとミスをさせたり、ミスについてみんなの前で怒ったりするせいで、当事者は精神的にストレスを抱えるようになり、仕事へのやりがいや意欲を失っていきます。当然ながら、嫌がらせをする人とそれを受ける人がいますが、嫌がらせをする人はほとんどの場合、同じ人物であることが多いようです。たった1人が複数の人たちを攻撃している場合も多く見られます。通常嫌がらせをする側の人は、自分自身に不満や不安などを持っている人が多く、そのストレスを他人に嫌がらせをすることによって発散していることも珍しくありません。

一方、嫌がらせを受ける人の特徴としては、大人しかったり、嫌なことをされても嫌だとは言えないようなタイプの人が見受けられます。もし、嫌がらせを受けたなら、一人で抱え込まないで、誰かに相談することが大切です。上司や人事課など相談できる部署があるならきちんと相談しましょう。ずっと我慢していると精神的に悪いので、毅然とした態度で立ち向かうという方法もあります。基本的にいじめを行う人の性格や態度などを変えることは不可能なので、被害にあった人によっては職場を異動したり、会社を転職することでいじめに対処するという方法を選択する場合も少なくありません。