会社でのいじめにどう対処するか

 会社の中でいじめが起こっている場合には、解決する事が困難なケースがあります。例えば、いじめが集団で起こっている場合には、無理に解決をしようとすると、仕事に悪影響を及ぼしてしまう可能性も否定できません。そのため、イジメ問題を解決するためには、信頼できる同僚などに相談する事も有効な手段となる場合があります。

 例えば、仕事に悪影響が出ているような場合には、いじめを行っている人が原因で業務を行えないという点を会社に明確に伝えることが効果的です。会社がいじめの実態を把握すると、社員に対して聞き取り調査が行われるでしょう。その際、誰がいじめを中心となって行っているのかが明らかになると、より効果的に問題を解決できます。中にはいじめを受けることによって精神的にダメージを受けてしまい、会社に行くのが難しくなっているというケースも多い傾向にあります。そのような問題を防ぐためにも、どのようないじめを受けたのか、常に記録しておくという方法が重要となります。きちんとしたいじめの証拠を集められれば、会社に自分を守ってもらうという可能性も生まれるでしょう。

 また、社員同士が会話をすることが少ない職場であれば、いじめは起きやすい傾向にあります。自分が不満に思っていることなどをきちんと相手に伝えられない環境にあると、お互いにストレスが溜まってしまうケースが多いからです。そんな時はまず、いじめを行っている人に自分の意思を伝える努力をすることも大切でしょう。